イサカホーム社長日記

住む人に、そして地球にやさしい住まいづくり 「イサカホーム」の社長日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅雨間近です

暑かったり、雨の日が続くようなってきましたので、湿度について話したいと思います。まず湿度が高いと誰もが不快と感じます。そしてカビ、ダニ、結露を発生させる要因です。結露は、住まいを傷めてしまう原因にもなりますし、カビを発生させそれを餌にするダニが繁殖しダニの糞と死骸がアレルギーの原因にもなります。ですからカビを繁殖させないためにはどうするかです。汚れ等が栄養源となるため清潔にします。湿度は60パーセント以下になると抑制されます。温度は36度C以上、10度C以下になると発生は鈍ります。ですから、汚れ、温度、湿度を気を付ければ確実にカビの繁殖は押さえられます。ですが湿度が低いだけでは快適と言えません。ウイルスは低温、低湿度を好みますので湿度が低すぎると活動が活発になり、喉を傷めたり、喉の保護作用が低下するため、風邪のウイルスが体内に侵入しやすくなります。この他にも、静電気が発生しやすくなったり、寒く感じたりと不快な現象を引き起こします。このように、湿度は高すぎても低すぎ
てもダメだと言うことですから、重要な事は、湿度を適度にコントロールする事ですから、コントロールしやすい性能の家で暮らすことが一番ですね!ではまた明日。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。