イサカホーム社長日記

住む人に、そして地球にやさしい住まいづくり 「イサカホーム」の社長日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NPO法人総会

20060517203014
今日は、消費者住宅支援ネットという、NPO法人の総会と事例発表、研修で山善という商社の川崎の本社に来ました。総会では理事から監事の役員に私は変更になり、皆様に承認頂きました。私には似合わない役職ですがきっちり遣りますからね!次に研修ですがまずは、理事長でアクトという会社の社長から、地場密着の工務店経営についての体験談や成功事例を詳しく講演がありました。一人一人のお客さまに対しての責任感を十分感じ、また何か一つでも地域で一番と言えるものを作ることの大切さを強く言っていました。我が社でも一番と言えるものを明確にして行きます。最後はジャーナリストの鵜野 日出男氏の講演でした。ドイツから学ぶ環境時代の工務店経営という題名で始まりました。そもそも日本の基準の家は断熱、気密ともに、世界基準から大きく遅れをとっているとの事でした。それは、国土交通省から大手ハウスメーカーに天下りしていて、大手ハウスメーカーに都合の良い基準にせざるをえないから!という事が障害に成っているそうです。さてドイツでは素晴らしい省エネ住宅運動があるそうです。2002年に発効し、2010年までにCO2を6%削減し2050年までに50%CO2を削減し、このためには石油の使用量を現在の五分の一に抑制するそうで、壁の断熱材の厚みは40㎝もあり、サッシは木製でトリプルガラスで遮熱ガラス、ガス入りという仕様で、換気システムも最高に効率が良く、無暖房住宅を目指しているそうです。日本でもそれに取り組んでいる企業も有るそうで、日本の気候の中でどれ位の性能が妥当か?研究中だそうです。我が社もより一層の省エネに対して研究し、実践していきたいと思います。また、ドイツの職人気質は日本人と共通するところがあると聞いたことがあります。私達も負けないよう、微力ながら頑張っていきたいと思いました。今、上野駅を清野部長と出るところです。また明日!
スポンサーサイト

市PTA連絡協議会の設立総会

20060517110011
昨日の話です。まずは、笠間西茨城郡PTAの解散総会により、会長の大役を無事果たすことが出来ました。ですが今年は、行政の合併により、新たな組織の立ち上げが必要になりまして、昨年より準備委員会を設立し今日に備えてきました。設立総会では準備してきました規約の承認が一番の大仕事です。ですが無事承認されました。また、その他諸規定も同時に承認され、18年度の新役員承認までが私の仕事でしたがすべて順調に進み無事総会を終えることが出来ました。色々有りましたが、振り返ってみますと、いい出会いがあり、仲間が出来、普段では経験できない事をたくさん経験しました。校長先生をはじめ先生方ともたくさんお話する機会が有りましたし、各小中学校のPTA会長とも交流が出来ました。大変でしたがラッキーな一年だったと自分に言い聞かせています。ほっとして、お酒をたくさん飲んでしまいました。今日位は飲み過ぎても良いかなーと思い、元ヤンキーのPTA会長を誘い、最近始めたばかりの中学校の野球部の先輩の店で芋焼酎をロックでガンガン飲みました。いい店でしたが名前は覚えてません。後で報告します。そして代行で帰りそのままリビングの床で寝てました。ダメですねー。では次は何をしましょうか?仕事、家庭、健康、趣味、ボランティアのバランスを考えた生活を目指したいと思います。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。