イサカホーム社長日記

住む人に、そして地球にやさしい住まいづくり 「イサカホーム」の社長日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の続き

電磁波の話は、ブログの範囲では説明が不十分ですが、補足させて頂きたいと思います。まず、何故恐いかと云う事ですが、専門家の話ですが、電磁波と関わりが深いと考えられる疾患を四つ挙げています。一つは電磁波過敏症、(日本ではあまり認知されていませんが、電磁波に過敏なため、微弱な電磁波を浴びただけでも、頭痛や吐き気を感じてしまう人で、アメリカの医学者ウィリアム・レイ博士によって命名されたそうです。博士によると、電磁波過敏症患者の特徴は、最初に目、皮膚、神経に症状が現れ、次に呼吸困難や動悸、めまいや吐き気などの症状が出て、また、疲労感やうつを伴う頭痛や短期的な記憶喪失、手足のしびれやまひが起こる人もいます。)そして化学物質過敏症、次に慢性疲労症候群、最後にVDT症候群というもの、これらの病気の要因は単一ではなく、例えばひとつにかかると全てにかかる確率が高くなるという具合に、絡み合っていてまだその理由は解明されていませんが、電磁波が関わり要因の一つの可能性は高いと思われますので、自己責任において対策、予防をする必要性が有ると思います。日本の基準では、水も、ホルムアルデヒド等の空気環境も食品添加物の安全基準も先進国といわれている国の中でも非常に甘いと思います。ですから、気付いた人から勉強し、選択し、お金のかかるものばかりですが、必要な物にはお金をかけなければ安全は手に入りません。そういう国に住んでいると云う事を認識して本物を見極める目を養っていかなければと思います。そして、私はオール電化住宅をを否定している訳では有りません。オール電化でも、そうで無くても配線の長さに違いは有りません。どちらも電磁波対策をして、安全で便利なシステムと共存出来ると教えて頂きました。電磁波の測定を希望される方はご連絡ください。測定器を注文し勉強してからになりますので、お時間は少し頂きたいと思います。まだまだ不十分で誤解されることも有るかと思います。私もこれを聞かされて二日目ですから、慎重にそして積極的に取り組んでいこうと思います。関心のある方は、一緒に取り組んでいきましょう。まずは、初心者ですので育てると想いご協力お願いします。
スポンサーサイト

目に見えない恐いもの

20060616013349
今日は、何度か電話がありホームページを見て健康に配慮した家造りをしているようなので是非訪問し、話を聞いてほしい!と強く訴えてきた男がいましたので、時間を創る事にしました。その話は、株式会社 本物研究所と云う胡散臭い名前で、電磁波についての話だと言いましすので、白装束で車に白い目張りをしてくるのか?と尋ねたところ、違います!と言うので会うことにしました。今朝会ってみますと、会社は船井幸雄が会長をされていて、「自分の為、他人の為、世の為になること」「自分しか出来ないこと」「自分に適していてやりたいこと」を具現化するために創設したのが「本物研究所」だそうです。取り扱い品目は、食品、水、サプリメント、ベット、そして今日の目的の電磁波を97%除去すると云う商品です。ここでなぜ、電磁波なのか?と云う事です。私の知識でも、IHヒーターや携帯電話、パソコンから出てるでしょうが、大したことは無いだろうと、気にもせずに今まできました。ですが電磁波の測定器を持ち込み、床、壁、パソコン等、部屋何処からでも電磁波が出ているのが現実だったのです。それと云うのも、20年前に100メートルだった屋内配線が、現在は800メートルから1000メートル近く使われていて、日本人の電気の使用量はこの40年間で6倍以上になったそうです。基本的に日本の基準では100Vのため、危険性が低いとの判断でアースが義務付けが有りません。ヨーロッパでは200Vのため感電死の危険性があるため、アースが義務付けられています。この様に日本では電磁波を地中に逃がす仕組みになってないコンセントが多いのが現状です。そして電気配線からは、ブレーカーを落とさなければ電磁波が出続ける事も厄介な事です。これ以上の事は本物研究所のホームページを見てください。そして営業の島内君を呼び付けてください。目の前で測定器の数字を見ると恐くなりますよ!この機会に勉強して対策を練りますね!まずは、自宅も測定してみます。今月の29日に行いますので、また報告させて頂きます。今日は、東京でデザイナーズの木造賃貸の説明会にも出ましたので明日報告します。今晩は眠いー!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。