イサカホーム社長日記

住む人に、そして地球にやさしい住まいづくり 「イサカホーム」の社長日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東電美人担当

20060624005429
今日は、東電の担当がNEDOの補助金の件で来てくれました。NEDO(ネド)とは、国が中心となり新しいエネルギー開発や省エネ技術を幅広く普及させ、省エネ対策をもっと積極的に推進させようとする機構のことです。そして、今日の目的は住宅においてNEDOが認めた省エネルギー住宅に新築、リフォームどちらにも設備費の1/3が補助金として支払われると云う事です。実を言いますと一昨年私も、この補助金を120万程戴いてフル省エネリフォームをしました。この時のデータは東京大学大学院の坂本雄三先生のグループが実際の建物でQ値の測定をしたことが無いので協力してほしいと云う事で家族の同意を得られないままスタートし、長ーいアパート暮しに耐えながらデータ取りをして、学会にも発表しました。その論文を貰いましたが、解説無しにはまったく分からない?と云う論文でした。論文はどうでも、冬寒くて、夏は暑い家でしたが一年中快適で省エネな家に生まれ変わりました。とは言いましても、補助金を貰い工事をすると云う事は、書類や着工時期、写真の整理などタダヨリ高いものは無い!と云う程大変ですが、その後三年分位の電気料金やガス料金などすべてのランニングコストを報告するだけで良いのですから、多少大変なのは当たり前ですよね!これから、計画される方は、是非お問い合わせください!経験上アドバイスさせて頂きます。この制度の最低条件は次世代省エネルギー基準を満たしている事です。そして次に、太陽光発電や断熱材、省エネなエアコン、第一種の計画換気等、樹脂サッシでローイーガラスでアルガスがはいっているもの、エコキュート等が補助金の対象に成りますから、これらを十分に活用できるようにしましょう。茨城県でもこの制度を利用した住宅はまだまだ少ないですから勿体ないですよ!是非今なら間に合いますのでお急ぎください!私たちと東電がお手伝いしますから!ではお休みなさい。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。