イサカホーム社長日記

住む人に、そして地球にやさしい住まいづくり 「イサカホーム」の社長日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資産活用セミナー

20060824140934
今日は、埼玉県大宮でハイアス・アンド・カンパニー主催によります「資産活用事業における新戦略セミナー」に参加させて頂きました。イサカホームは、専用住宅が主体の為、賃貸住宅は頼まれればやりますが、積極的に営業をする態勢がありません。そこで新たな商品の開拓と云う事で私が色々なセミナーに出ています。今回の講師は、今から7年位前より住宅の営業支援ソフトスーパーセールスでお世話になってます山本嘉人先生でした。先生は、ファイナンシャルプランナーでもあり、不動産コンサルティング技能士、社会保険労務士、建築士でもあります。30才で独立し、非常に苦労をした経験を生かし,ソフトの開発やセミナーや講演活動をされています。東京電力や日本生命、損保会社、大手ハウスメーカー等に講演活動をしているそうです。今日お話をお聞きしまして感じたことは、資産活用をしようとしている方の立場で業者は考えてないことが多すぎるという事でした。頼んでもないのに勝手に図面を書き、事業収支説明書を持ってきて、大して利益にならず、相続税対策で逃げ、死んだ事を前提に話をし、具体的な節税金額までは示せない現状だと言っていました。知りたい事を質問すると答えられず宿題にしますと言って逃げる。また、他社の悪口を当たり前のように言う!これでは信用できないとお客様の立場で感じることだそうです。今の、地主様の若い方は、インターネットで勉強し、押しつけには拒否をはっきりするそうです。それはそうですよね。私も同じ立場ならそうしますからね。勉強されている年代の人に納得してもらいやすいシステムがハイアー・プロと云うシステムだそうです。山本先生は、専用住宅支援ソフトだけでなく、賃貸住宅支援ソフトまで作ってしまったようです。さすがですね。早速、社内で検討したいと思います。本日は皆さんありがとうございました。。
スポンサーサイト

悲しい出来事

昨日は、我社の基礎工事を長年施工してくださいました桜川市の社長が56才と云う若さで亡くなり告別式でした。子供たちは長男はあとを継ぎ、次男は大工としてイサカホームで働いています。子供たちも成長し、孫にも恵まれ、若い頃からの苦労がこれから報われると云う歳でこの世を去るのはさぞかし無念だったかと思います。今年の二月に肺に影があるとの検査結果で、検査入院の結果、ガンで、余命半年から一年との事だったそうで、本人の希望で皆に入院している事を知らせなかったそうです。私は親方の子供たちへの気持ちを確認しておきたかったので残念です。まだまだ若いし、元気そうに見えましたので信じられません。出来ることは、子供さん達と真剣にお付き合いをする事くらいです。また、この社長は、もともとは、大工の工務店を経営していて、その後に土木の工務店に変更したそうで、自宅での葬儀だったので、作業場とか見ていると、親父の時代の井坂工務店が思い出され、頑固なところが、親父と重なって、悲しくなりました。これから色々な事に挑戦したかったでしょうし、まだまだ若い子供たちの相談役にもなりたかったでしょし、奥さんや孫たちと旅行にも行きたかったでしょう。やはり定期的に健康診断をし、早期発見、早期治療しかないのでしょうね!皆さん、検査嫌いのあなた、勇気を出して人間ドックに行きましょう!そうすれば、大事な家族とのお別れをしなくてすみますよ。現実から離れず、しっかり今の自分の健康状態を把握しましょう。体も事業も同じで現状を把握する事が大切です。さあ行動に移しましょう!愛する家族の為、それと何より愛する自分の為に。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。