イサカホーム社長日記

住む人に、そして地球にやさしい住まいづくり 「イサカホーム」の社長日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美味しい空気との出会い

20070405003755
昨日は、先週幕張で説明会に参加しましたカイケンコーポレーションの視察で、九州福岡に来ました。今回の目的は、説明のあった幻の漆喰と音響熟成木材と竹炭入り清活畳の体感と云う事で伊藤取締役、関澤課長、白土の四人で来ました。福岡空港ではまずとんこつラーメンを一杯食べました。そして北海道から二社、千葉から一社、と合流し、カイケンコーポレーションの車で太宰府市にあります株式会社末永ハウジング様の体感展示場にまずは訪問しました。今迄にも、ケイソウ土、火山灰で作った塗り壁、セラミックの塗り壁など無添加で調湿や化学物質を吸着分解するというものを試してはきましたが、これだ!という様な出会いはありませんでした。展示場に入った瞬間から今迄に経験した事の無い木の薫りと澄んだ空気の感触を感じました。これは理論理屈ではなく感性ですね!参加者全員ビックリしました。次に実際住んでいる家に訪問させて頂きました。とっても素敵な家でしたが、空気の感触と杉に拘ったデザインも素晴らしかったですが、ただそれだけでなく、音響熟成木材は木が生きています。無理やり高温で乾燥させた木材とは保温性、保水性、艶などがあきらかに違います。何も塗ってないのに不思議です。常温でクラシック音楽を聴かせながら熟成乾燥させるなど発想が凄いですね!やはり木の立場に立って木が喜ぶことを考えてあげたほうが生き生きするのは当たり前の様に思います。人間の都合ばかり押し付けては木が死んでしまいます。こんなことに気付かなかった自分が情けなく思います。明日は、漆喰の話をします。そして夜は、玄界灘の海の幸を堪能した後、屋台でお酒を飲み、とんこつラーメンをはしごして二杯食べました。二杯め食べ終わる頃、関澤がラーメン屋さんに入ってきて、食べながら寝ている私を発見し、起こしてくれました。寝ながらも、スープまで完食していたようです。次の日の朝食は何年かぶりにぬきました。さすがに胃が重ーい一日の始まりでした。もう当分とんこつラーメンとはお別れしましょう!いくら何でも一日三杯は食べ過ぎた様です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://isakahome.blog55.fc2.com/tb.php/273-d8c14331
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。