イサカホーム社長日記

住む人に、そして地球にやさしい住まいづくり 「イサカホーム」の社長日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州二日目

20070407140318
胃の重い一日の始まりでしたが、7時半出発で長崎佐世保市に向かいました。向かった先は、菜の花の家と云うグループホームでした。ここでは、工事途中までは、床は桧、壁はケイソウ土で仕上げる予定だったようですが、カイケンコーポレーションの浦上社長と出会い急遽床は音響熟成木材の杉のうづくり床を採用し、壁は幻の漆喰にし、畳床は竹炭入り清活畳に変更されたそうです。写真に写っています磯本事務長は、柳原建設の社員でもありますので、これらについて様々な実験をされたそうです。例えば、床に大量の水をまいたり、何台ものストーブで高温にしたり、湿度を上げたり、下げたり、悪い言葉(言霊)を床材に言ったり、そして、ここは何と言っても、認知症対応型共同生活介護施設ですから、べたべたの手で壁を触ったり、トイレの床を汚したり、食事中もぼろぼろ落としたりと過激な環境にあります。それだけで大変な実験材料になります。そんな中で、二年半が経ったそうです。気になる様な臭いもありませんし、(伊藤取締役のおじいちゃんの老人ホームに行ったときの臭いとまるで違うと言ってました。)壁は掃除もしないのに手垢など汚れが見当たりません。(関澤は自宅と比べて築年数は同じ位なのにコンセントまわりなどか特にきれいで凄いかも?と言ってました。)「幻の漆喰」は汚れや化学物質を吸着分解を半永久的に機能し続けるようです。この漆喰の特徴は光熱触媒機能があり、光が当たると空気中のゴミや有害化学物質を吸着分解します。また、+三度の室温で同様の効果が得られますので、納戸や押入の中までクリーンに保つ事が出来ます。さらに、マイナスイオンや各種ミネラル物質を発散する事で副交換を刺激し、リラックス効果が得られるそうです。このような効果により、鼻炎の方やアトピー等のアレルギー体質の方が改善されているそうです。詳しくはカイケンコーポレーションHPを見てください。そして、9日午後5時より笠間事務所二階で浦上社長の勉強会を行うことが急遽決りました。明日と明後日富山で展示場オープンがあり、そのあしで、船橋の会員会社をまわり、我社に指導に来て下さるそうです。興味のある方は、私どもと浦上社長の生の声を聞きましょう!私は話が下手で人が話した事を第三者に伝える事は半分どころか30%も伝えられないので、極力重要な話を聞くときは社員を連れていきます。価値観を共有するには、時間とお金がかかりますが、その方が間違いが少ないと思います。その後、柳原建設の展示場を見学し、最後は引っ越したばかりの家を二軒見せて頂きました。皆さん健康住宅に満足されているようでした。室内環境もシンプルなデザインで素晴らしかったですね。このようにして二日目の視察が終了しました。終わってないのは食欲だけで、また、上野駅内の粋かラーメンを食べました。これは大阪の神くらラーメンに似ていて、白菜が入っていてさっぱり系のしょうゆラーメンですのでオススメです。と云う事で終了です。月曜日待ってます!
スポンサーサイト

コメント

グループホーム

今、グループホームへ「古材活用」がんがんしています。アライアンスできるかも・・・です。施工事例郵送しておきます。参考にしてください。

そうなんですね

面白いですね。yahooからきました。足跡させて頂きました。

  • 2008/11/07(金) 14:06:01 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://isakahome.blog55.fc2.com/tb.php/274-4d7fef5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。